1111.jpg

みんなっ!ひっさしっぶり!!!!

ここでは、「みんなっ!ひっさしっぶり!!!!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
萌将伝はまだ60%くらい…


あわわっス。げぇっ!関羽!? いえ、そらったまです。


風邪とかはぜんぜん大丈夫なんですが、9/5までのTINAMIの恋姫の企画に合わせての作業とか、他にもとある原画のラフを描いたり、背景のお手伝いしたりしてました。個人的な引越し作業とかもあって、更新とメールのお返事が遅くなって大変失礼しました。
久しぶりの恋姫オンリーイベント、10/17の酒池肉林祭りになんか出そうか迷っていましたが、現状では厳しそうです。多分イベント事態には一般では参加しますが。
次は冬に臥龍伝の新刊を考えております。よろしければもうしばらくお付き合い下さい。^^
サークルカットは合体ポスターの時の使いまわし↓
サークルカット
次回もみっちさんと合体で申し込んでいます。
もう離れない!離さない!アイラブみっち!激・ラブ・みっちー!!!!
これで落ちたらどうしよう!ww


夏コミでスケブが間に合わずご迷惑を掛けましたイニシャルI様。ご住所に郵送もうしばらくお待ちください。


以下、追記にコメントやメールのお返事です。
あおい 様

いつもいつも差し入れありがとうございます。
仕事の関係もあり、委託先にもこちらからお伺い出来ず申し訳ありませんでした。
本も読んで下さり、感想もありがとうございます。^^
もっとも古くからお世話になっていて、おそらくあおいさんが一番長いこの業界のお客さんであり、同人仲間であります。
そんなあおいさんから見て、僕らがどう成長しているのか、逆に認識できる部分を感じます。
どうか、こんなしがないサークルではありますが、今後とも心の何処かに留めていただき、どうかイベントなどで僕らを見かけた際にはお気軽に声をかけて下さいませ。
あおいさんもどうぞお身体には何卒お気をつけて、今後も執筆作業の方、応援しております。


戦うなら軍師 様

当日は思った以上にスケブを受け取ってしまっていて、なかなか手が回らなくてすみませんでした。
次回は午前中に来ていただければなんとか…w
でも複数人とかハードな注文はまた他の方々まで手が回らなくなってしまうので、お手柔らかにお願いしますw
酒池肉林祭りは22日まで募集が伸びているようですが、そんなわけなので、多分サークルとしての参加は厳しいかもです。
また冬に、新刊持ってお待ちしています^^



ハヤブサ 様

感想ありがとうございます。

勝手ながら史実(と演義)に沿った物語を作ってみたいというのがありまして、歴史的事実をなるべくそのままに、そこに恋姫のキャラクター+北郷一刀という登場人物を赤壁の舞台に上げるとしたら、多分こうなるんじゃないかな、というところが当方のテーマと思って作っております。
その為、赤壁に関羽とともに劉備が来たというエピソードは演義の史実通りで、また、この鳳雛・臥龍伝では話の展開上どうしても必要な部分でした。
賈駆が曹操の元に身を置いていたり、夏侯惇と荀がいない点、諸葛亮の十万本の矢や、鳳統が諸葛亮よりも先に孫権と会っていたことや、周瑜と鳳統が友好関係にあったこと、鳳統は孫権には冷遇されたが曹操には歓迎を受けた点等、正史か演義のエピソードを今回のストーリーに利用しやすい方を選んで使い、オリジナルの設定はありません。
しいて言えば一つ一つのエピソードの目的と結果を繋げて、一つの物語にしているというところが違っています。(鳳統が曹操陣に行ったことが孫呉にとっては問題になり裏切ったとされている点、反董卓連合の時に月を保護した曹操が賈駆を軍師とした理由になっている等でしょうか)
あくまで当方の考えですが、恋姫のキャラクターと一刀の性格と立ち位置で描いた場合、そんな感じになるかなという想像の展開です。

一点だけ、多分読者の方々に伝わっていないだろうと思い、謝罪すべき点があります。
一刀は雛里と一緒に登場するところからはじまりましたこの物語は、「蜀」のキャラクターである雛里を見て「蜀」の話なのかなと先入感がまずあることと思いますが、この話では雛里と朱里が水鏡先生の元で勉強をしていたころに、一刀が天の御遣いとして現れ出会ったという外史を前提で作っているのですが、大変わかりにくかったかと思います。当方の配慮不足です。
すなわち、雛里と、一緒に行動していた一刀は朱里以外の恋姫キャラクターに出会うのは基本的に初めてということになります。
ちなみに鳳統は諸葛亮が三顧の礼で迎えられるときにはすでに水鏡塾を出て結婚しているという史実に従って、一刀・雛里ともに劉備たちには出会っていません。

以上のような説明等せざるを得ない点は当方の演出と画力不足によるところ、まだまだ勉強させていただきます。^^;
時間が出来たら相関図や導入部分を別で描いたりしてサイトにアップしたりする必要がありそうですね。検討してみます。


九羽 雲 様

感想ありがとうございます。そう言っていただけると描いた甲斐がありました。^^

自分の中でも、まだ結末をどう持っていくか悩んでいるところ(オイ
まだまだ若輩者で絵もおぼつかないですが、途中で投げ出すことだけはないように、なんとか完走目指してがんばります。
弟君と一緒に、今後ともよろしくお願いします。
二人の同人誌に対する熱意には脱帽です。でもしっかり食べて、冬も万全な体勢で臨んでくださいね。
あんまりどっぷりハマりすぎて廃人にならないようにほどほどにww

あんなポスターで申し訳ないですww



他、ピクシブとかでいただいたメール等にはそちらから返信致します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/09/13(月) 21:52 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakupiko.blog27.fc2.com/tb.php/396-a60c7eb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。